So-net無料ブログ作成

辻が花絞り振袖(ピンク)が相場の半額!なぜ安く購入できる? [辻が花絞り振袖]

知らないと50万円損しますよ!


理由は?


着物には定価がないので普段きものや帯に縁のない方は高く買わされて絶対損します。


ふらっと着物チェーン店に出かけたら巧みな勧誘と強引な販売で後悔します。


相場の倍くらいの値段をふっかけられることもあるんです。


※そこから値引きがはいりますが・・・


振袖選びはお任せ下さい。


私が楽天市場で見つけたほリ出し物を紹介します。


百貨店の相場の最低でも2割くらいは安く振袖を購入できます。


なかには相場の半額以下の振袖や振袖帯もあるので参考にしてください。


今回のおすすめ振袖は?


imgrc0067260543.jpg


最高級の辻が花絞り振袖です。


百貨店では100万円前後で出品される高級振袖です。


仕立てが付いて438000円は破格ですよ!


楽天市場ならではの値段です。






なぜそんなに安いのか!

百貨店と楽天市場の違いを簡単に説明します。

①人件費
②ロイヤリティ
③広告宣伝費


①人件費

百貨店で振袖などきものや帯を販売するためには販売員さんが必要です。
きものや帯は高額なので100円均一ショップのようにお客さんが
「この振袖ください」と言ってくれることはまずありません。
接客が必要です。
1年間の人件費はかなりの額になります。
当然販売価格に上乗せされます。
ネットショップは一度商品ページを作ってしまえば販売員さんは必要ありません。
百貨店とネットショップでは人件費だけでも何百万円も違うんです。


②ロイヤリティ

百貨店に支払うロイヤリティが30%前後なのに対し楽天市場の場合は5%前後です。
仮に1年間で3000万円の売上があれば百貨店には約900万円のロイヤリティを支払います。
しかし
楽天市場には150万円のロイヤリティしか支払いません。
 
③広告宣伝費
百貨店では頻繁に呉服セールを行います。
DM制作費用や郵税などが必要です。
楽天市場の場合は広告料を支払って広告を掲載してもらいます。
広告宣伝費に関しては比較が難しいです。
そのほかにもすべてのショップではありませんがネットショップの場合は
実際に商品を仕入れなくてもメーカーから画像データをもらって商品ページが作れます。
現物を仕入れなくても注文が発生してから仕入れすればいいんです。
極端な話です。
楽天市場では在庫が0でもショップ運営は出来るんです。
百貨店で振袖セールをするためには100枚くらいの在庫が必要です。
仕入れるお金が必要なんです。
全てが売れるわけではないのでリスク分を価格に上乗せするんです。


こういったわけで



楽天市場の方が圧倒的に安く振袖を購入できます。



楽天市場のデメリット

現物が確認できない(試着ができない)ことでしょう。
ショップによっては事前に確認できるところもあります。
また
決済をすませれば自宅で現物を確認できます。
気に入らなければ返品できますよ!
※返品送料は負担しないといけませんが・・・
カード決済にすれば現金を用意する必要もないですし、返金処理もスムーズです。
ショップに確認が必要です。


この辻が花絞り振袖の詳しい説明やもっと画像がみたい方は
リンクをクリックしてショップを訪れてください。







nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます